読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらだらと思いついたこととか書くブログ

エンジニア的なネタとか備忘録とかを書いていく予定

vagrantでelasticsearch&kibanaを動かしてみる

久しぶりにvagrantをいじってみた

インストールは以前に試していたのでその他の設定を

ネットワークの設定 [ここ(http://qiita.com/kidachi_/items/e63c1607705178aa257c)]を参考に設定

で、色々入れてみるもメモリが足りてないことが判明

メモリの拡張 [メモリの設定(http://d.hatena.ne.jp/tbpg/20131107/1383834516)]を参考にvagrantfileを編集

メモリが設定したサイズになっていることを確認 [vagrant@localhost ~]$ free total used free shared buffers cached Mem: 1020540 181204 839336 0 12904 101644 -/+ buffers/cache: 66656 953884 Swap: 2621432 0 2621432

elasticsearch最新版を入れてみる https://download.elasticsearch.org/elasticsearch/elasticsearch/elasticsearch-1.0.0.tar.gz tar zxvf elasticsearch-1.0.0.tar.gz mv elasticsearch-1.0.0 elasticsearch

elasticsearch.ymlを編集 http.port: 9200

kuromojiをインストール sudo ./bin/plugin --install elasticsearch/elasticsearch-analysis-kuromoji/1.5.0

servicewrapper https://github.com/elasticsearch/elasticsearch-servicewrapper

sudo mv service/ /usr/local/src/elasticsearch/bin/

sudo ./elasticsearch install

sudo /etc/init.d/elasticsearch start

kibanaも入れてみる

wget https://download.elasticsearch.org/kibana/kibana/kibana-3.0.0milestone5.tar.gz

tar xvfz kibana-3.0.0milestone5.tar.gz

mv kibana-3.0.0milestone5 /var/www/html/kibana

あれ、、動かないと思ったがiptablesの設定が足りてなかったので、対応すると kibanaの画面が!

・esとtd-agentの連携 参考サイト

-連携用プラグインのインストール /usr/lib64/fluent/ruby/bin/gem install fluent-plugin-elasticsearch --no-ri --no-rdoc -V

-td-agent.confの編集

apache-loggenで疑似ログを出力しkibanaで確認 apache-loggen --rate=10 --rotate=60 --progress /var/log/httpd/access_log

gtagsの使い方

大規模なCのソースコードリーディングに不可欠と言われるgtagsのsublime text用プラグインがあるらしいので、これを利用してみる

1.sublimeGtagsの導入 下記のサイトよりsublime textのpackageディレクトリにcloneする sublimeGtags

2.設定 githubページに書いてある設定を参考に設定してみる

3.gtagsコマンドを入れる(※入っていない場合)

brew install global

4.ソースコードディレクトリでgtagsコマンド実行

gtags

5.sublime textでrebuildを実行

Ctrl + t Ctrl + b

でrebuildが実行される

これでgtagsの機能が利用できるようになる

具体的な使い方

対象の関数がどのソースで定義されているか確認したい

global 関数名

でどのソースで定義されているか表示される

もっと色々使い方や活用法があるはずなので勉強中

参考サイト GNU global入門サイト

Dockerを入れてみる

macでのインストール

参考にしたサイトはコチラ

homebrewとvirtual boxが入っている前提

1.確認

which brew

which virtualbox

2.インストール

brew tap homebrew/binary

brew install docker boot2docker

3.boot2dockerのセットアップ&起動

boot2docker init

boot2docker up

4.sshでアクセス

boot2docker ssh

※paswordはtcuser アクセスが確認できたらいったんexitで抜ける

5.dockerコマンドの設定

export DOCKER_HOST=tcp://

-確認

docker version

6.動作確認 -ubutuをpullしてみる => ここ時間掛かります・・

docker pull ubuntu

-ubuntuをbootしてみる

docker run -i -t ubuntu:12.04 /bin/bash

下記のような表示が出ればOKなはず => apt-getが通った root@82f339d9dd5a:/#

git勉強会にいってみた

はじめてのgit勉強会

DoorKeeperページ

  • 競合について

競合については手で対応が必要

  • 参考書籍
  • 入門git → 濱野さんの本
  • Gitポケットリファレンス

  • 参考サイト

http://d.hatena.ne.jp/cakephper/20130422/1366606430

  • code school → ここのtry gitを使って説明

https://www.codeschool.com/courses/try-git

  • gitコマンド

    • add .

    フォルダ内のファイルを全部add

    • rm

    ファイルを削除

    • remote add [label] [git url]

    gitをlabel名でremoteに登録する

    • push -u

    最初の一回だけuオプション付きのpushが必要らしい・・

    • diff --staged

    ステージングにあるファイルとのdiff

    • reset

    addやrmしたものを取り消し?

    たとえば複数ファイルをaddしたが、一部ファイルだけ対象から抜きたい場合にresetで ステージングから戻す、などの使い方がある

    • branch -d [branch name]

    対象のブランチを削除

  • 感想 今までなんとなーく使ってみてでしか理解できていなかったことの復習と自分が次に覚えるべきことが明確になった またco-edoには初めていったのだがタネマキと同様にエンジニア向きで雰囲気の良い場所だった

Elastic Searchを入れてみる(Cent OS6.5)

前々から気になっていたElastic SearchをCent OSに入れてみました

・参考サイト

http://qiita.com/boheanimato/items/cdcd6dbab7ea32b38710

 

1.elastic searchをwget
wget https://download.elasticsearch.org/elasticsearch/elasticsearch/elasticsearch-0.90.9.tar.gz -O elasticsearch.tar.gz

2.解凍してフォルダ名をelasticsearchに
tar -xf elasticsearch.tar.gz
rm elasticsearch.tar.gz
[mv elasticsearch-0.90.9/ elasticsearch/

3.デーモン化して起動するスクリプト準備
curl -L http://github.com/elasticsearch/elasticsearch-servicewrapper/tarball/master | tar -xz
mv *servicewrapper*/service /usr/local/src/elasticsearch/bin/
elasticsearch/bin/service/elasticsearch install

4.起動(JAVA_HOMEが未設定でちょっとハマった・・)

/etc/init.d/elsticsearch start

5.plugin(elasticsearch-head)をインストール

elasticsearch/bin/plugin -install mobz/elasticsearch-head

 => 画面より確認

6.CLIで動いているか確認

curl -X GET http://localhost:9200

 

とりあえずインストールできたのでデータを入れて色々検証してみる予定

 

Appendix.

検証などの参考サイト

http://kakakikikeke.blogspot.jp/2013/11/elasticsearchkibana3-varlogmessages.html

YAPC2013に行ってきた-Day2

※あとでちゃんと整理してまとめる予定です。。

[Day2]
#MojioliciousでつくるWebアプリ入門

>※今日の資料
http://www.slideshare.net/yusukebe/yapcasia-2013-mojolicious

***
#これからのPerlプロダクト

>今日の発表資料
http://www.slideshare.net/goccy/yapc2013-26403213

***
#github

>今日の資料
http://hiroki.jp/yapcasia-2013-github
***
#レコメンデーション
-ルールベースフィルタリング
-コンテンツベースフィルタリング
-強調フィルタリング
  --メモリベースの手法 -> 推薦時に蓄積したデータを用いて予測
  --モデルベースの手法 -> 事前にデータの傾向を推測して予測

***PhantomJS
-Selenium::Remote::Driver
-TEST::TCP
-CasperJS -> PhamtomJS + テストフレームワーク的なもの

***
#その他
##Perl関数
-ord関数 -> http://www.perlplus.jp/func/string/index14.htmlo

##裏番組
###社内ISUCONのつくりかた
http://dl.dropboxusercontent.com/u/224433/YAPC2013/index.html

###grunt
https://twitter.com/search?q=%23yapcasia&src=hash
->デモのサンプル
 https://github.com/ishikawam/grunt-sample-yapc

###はてなの開発
http://onishi.hatenablog.com/entry/2013/09/21/133132

###はてなブログの開発フロー
http://onishi.hatenablog.com/entry/2013/09/21/133132

###はてなのサーバ管理ツールの話
https://speakerdeck.com/yuukit/hatenafalsesabaguan-li-turufalsehua

###Perlでつくるメディアストリーミングサーバ
http://www.slideshare.net/hidek/perl-26401998

###Perl for Visualization
http://www.slideshare.net/mobile/muddydixon/perl-for-visualization-26403174

YAPC2013に行ってきた-Day1

※あとでちゃんと編集する予定です・・

YAPC2013に行ってきたので主に備忘録としてのまとめになります[

YAPC自体は今年で2回目で、去年はほとんど何も知らずに2日めのみの参加だったので、去年に比べると少しはPerlについてわかってきた(と思う。。)状態で1日目から参加

[Day1]
#Keynote
##perl5.18 new features

OSCON以来の英語のセッション

そもそもPerlへの理解が浅く、「おお、そんなことできるんだ」程度の理解しかできなかった・・

-regexp set
-state変数
 -> http://blog.iss.ms/2012/02/19/085820
-reset_stdout
-lexical sub

***
##カジュアルなDB関連開発

@songmuさんのセッション

同時間帯の裏番組も面白そうなのばかりだったが、こちらに参加

PerlでDB接続するような処理を書く事はほとんどないためDBICとは?Tengとは?というところから理解していく感じなので、それぞれの細かい特徴までは把握できず

ただ色々コードを交えながらの説明でこんなふうに使えるのか、というのが目でわかり次はDB接続するアプリを今回の資料などを参考に調整してみようと思う

-DBICかtengか? -> ORM
-外部キー → 外部キー貼るとリレーション先でレコードロック発生したりする?


>※参考になるスライド
http://songmu.github.io/slides/kyoto0713/start.html
>発表スライド
http://songmu.github.io/slides/yapc-asia2013/

***
#SPDY, HTTP2.0

@takesakoさんのセッション、去年のYAPCでたまたま参加したセッションがとてもおもしろかったので今回も参加

コマンドガチャガチャいじりながらもっと深いレイヤーで学んで見たいと思った

-Firesheep

-HTTPヘッダ
 HSTS → 未対応のブラウザが多い

***
#Webアプリケーションの・・・
-anyenv -> XXenvを色々まとめられるっぽい

-js
grunt
backbone
angular

>参考
http://koba04.com/slide/perl-casual-5/#/21
>今日のスライド
https://speakerdeck.com/koba04/ge-ren-dechu-lai-ruwebsabisufalsezuo-rifang-yapc-asia-2013

***
#リファクタタリング
-Carton
carton install
carton exec

-テスト、CIツール
 guard+guartd+tap
 Travis CI

>今日のスライド
https://speakerdeck.com/naoya/modanperlrihuakutaringu-number-yapcasia

***LT
#Using power of prove
-Test::Harness
-prove -> jオプションでパラレルで走らせられる?
-prove --exec '' bin -> バイナリのテストできる?
http://www.slideshare.net/kazuho/using-the-power-to-prove

#How to inspect running process
-strace
-gdb
-bulkdbg
-gdbperl
-inspect-perl-proc

#LT by gfx
-EMSCRIPTEN
http://www.slideshare.net/gorof/perl-26375653

***
裏番組
#MVC
http://www.slideshare.net/karupanerura/mvc-26371063

#mod_perl
http://www.slideshare.net/xtetsuji/apachemodperl-yapcasia

#vim実践入門
http://kazuph.github.io/presentation/yapc_vim_2013_github/#/

***
##その他
-CPAN Coverage report
 http://cpancover.com/latest/index.html

-perl
--オプション
 -ML、-Ilib、-E
--ファンクション
 ask

-git
--オプション
 st
 ci
 git logのオプション

>gitの設定例
http://blog.asial.co.jp/845

 -コマンド
  tee
  dtruss

-CPAN
Class::DATA::Inheritance
SQL::Maker

-オブジェクト指向
オブジェクト指向のこころ

-リーダブルコード

-Markdiewn
http://qiita.com/Qiita/items/c686397e4a0f4f11683d
http://www.songmu.jp/riji/

 

->その2に続く

http://sora-tomita.hatenablog.com/entry/2013/09/25/002706